島村楽器公式ブログ

http://blog.shimamura.co.jp/

運営元:島村楽器株式会社

”楽器”の楽しさを世に伝えるメディア

楽器店ならではの様々な楽器の専門知識を知ることができます

全国にある総合楽器店である島村楽器が更新しているブログです。音楽や楽器などの情報をメインに配信しています。

楽器を比較する記事では、価格や形状など様々な比較を行っています。ギター、ピアノ、管楽器といったあらゆる楽器があるので楽器購入の参考にすることができます。

また、ヨーロッパで管楽器を買い付けする様子がレポートされた記事もあります。買い付けた製品の特徴や本場の楽器職人・工房が紹介されているのが特徴です。

その他にも音楽アプリの紹介、使い方、耳コピについて、音楽教室について、採用や商品開発の話まで、島村楽器が携わる音楽についての記事が掲載されています。コンテストやキャンペーンが行われる際はブログでお知らせされます。

島村楽器公式ブログは店員さんへの親近感が湧くユニークな記事が多いのが特徴です。専門的な情報だけでなくエンタメ性の富んだ記事も投稿されているので、楽器や音楽が好きな方はもちろん、あまり音楽に詳しくない方でも楽しめるオウンドメディアです。

”楽器”のことをユーザーに伝えて、自社商品への興味を持たせています

このオウンドメディアの役割は主に3点あります。
1つ目は島村楽器を知ってもらうこと、身近に感じてもらうことです。ブログを読んでもらうことで音楽に触れたり楽器を目にしたりする機会が増え、自然とブランドの宣伝につながります。実際に店頭に立つ店員が記事を執筆しているので、お客さんと店員の距離も近くなる効果があります。

2つ目はユーザーに価値を提供することです。島村楽器公式ブログではギターの部品の比較やアンプの紹介といった、製品の紹介記事が人気です。楽器のプロである店員が商品を紹介することで、説得力のある情報をユーザーに提供しています。これにより商品を実際の購入してもらうことを目的としているのではないでしょうか。

3つ目はスタッフの勉強になるという点です。ブログで商品の紹介をするにはその製品に関する詳しい知識が必要です。ブログを書くことで詳しく楽器について学ぶきっかけにもなり、自分の知識をアウトプットするスキルも身につきます。スキルが身につくことで自社スタッフの教育につながるのではないかと思われます。

島村楽器@shimamuramusic
https://www.facebook.com/shimamuramusic
島村楽器@@shimamuramusic
https://twitter.com/shimamuramusic
これから始める方へ
オウンドメディア制作・構築スターターパック
成果を伸ばしたい方へ
オウンドメディア運用・改善ブースターパック

運営元・企業情報

島村楽器株式会社

[本社所在]
〒132-0035 東京都江戸川区平井6-37-3
[設立]
1969年3月
[従業員数]
-
[URL]
https://blog.shimamura.co.jp/

オウンドメディア情報・データ

メディア名 島村楽器公式ブログ
URL http://blog.shimamura.co.jp/
業種 趣味
運営元 島村楽器株式会社
配色
キーワード B to C / ブランディング / リード獲得・ナーチャリング
data 1000 ~ / 10000 ~ / 30 ~
コンテンツの種類 記事
ターゲットユーザー 音楽や楽器について知りたい人
ゴール 認知拡大 / ブランディング
ページ数(Google index数) 8,010,000 index
予想ページビュー 108,000 pv / 月
予想セッション数 70,100 セッション / 月

オウンドメディアを立ち上げ成功させるまでの全行程

オウンドメディアを立ち上げ成功させるまでの全行程

オウンドメディアを立ち上げ成功させるまでの全行程

今なら、そのまま使える
記事企画のワークシートも無料でプレゼント

1.オウンドメディアとは

                           

オウンドメディアに関する基礎情報から実践に必要な
ポイントを網羅。一冊でオウンドメディアを完璧に理解

2.オウンドメディア構築

                           

オウンドメディアを立ち上げる際に必要なステップを解説
見落としがちな落とし穴の対処法も記載

3.オウンドメディア運用

                           

オウンドメディアを効果的に運用し大きく成長させるコツ
売り上げアップにつながる賢い運用を提案

今なら、そのまま使える記事企画のワークシートも無料でプレゼント

シェア
後で読む